【全話あらすじまとめ】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

1話から6話までのあらすじまとめ

 

>> 全話読んだ評価 <<

話の展開: ★★★★
エロ度 : ★★★★★
満足度 : ★★★★★ 
1話価格: 88円   

購入した書籍サイト:ブッコミ

(作者:小桜クマネコ / チンジャオ娘)    

 

アイドル級に可愛い愛娘ひなたと・・・

 

 

必見!!全話ネタバレ、感想まとめ

【全話ネタバレ解説】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【全話感想まとめ】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

第1話あらすじ 娘がただのメスになった日

しがないサラリーマンの主人公は

職場の部下たちは特技などをもって生き生きしているなかで

自分だけ特技もないと感じてむなしい日々を送っていたのです。

 

しかし、そんな彼も家に帰ると暖かく迎え入れてくれる

年頃の娘ひなたときれいな妻がいて幸せな生活を送っています。

そしてそのことが彼の自慢だったのです。

 

娘の写真を見せると誰もが驚くほどの美女で

素朴な見た目の主人公とは全く似ていません。

 

自分でもわかっているものの

他者に言われるとさすがにショックを感じてしまいます。

 

美しい妻との出会いはテニス。

当時妻は別の男性と付き合っていたり

男性関係が豊かであったため、別の男性との子供ではないかと考え

こっそりとDNA鑑定をすることにしたのです。

 

 

第2話あらすじ 中に出したけど親子じゃないから問題ないよな

血の繋がりがない娘をこれまで何にも知らずに

手塩にかけて育ててきたのだから

まだ男を知らない娘の体を弄ぶ権利くらいあるはずだと

理性を失った主人公は娘の下着を脱がそうとするのでした。

 

やめてと泣きながら懇願する娘に

泣かれるとますますやりたくなると言い捨て

赤ちゃんの時に見たっきりの娘の性器が大人の女のものに成長していることを嬉しがり

指でまさぐり娘が反応するのを面白がるのです。

 

入れる指を増やす度にほぐれていく娘の性器は

穴という穴を刺激されてしまい

嫌がりながらもトロトロになっていき喘ぎ声を漏らしながら

ビクビクと反応をする娘の処女を奪ってしまうのです。

 

 

第3話あらすじ 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして

娘のなかで絶頂に達してしまった主人公は

一度だけでは済まず、今度はバックで犯し始めるのです。

 

お前は俺が擦るために育ててきたんだから

肉穴と表現しながら執拗に娘を犯しながら

女の汁を溢れさせ、母親も性欲が強かった

妊娠が発覚して疑い無く結婚したものの

別の男と妻の間にできた子供であることがわかった悲しみをぶつけながらまたしても

娘のなかで絶頂に達してしまうのです。

 

それでも主人公は満足することができません。

ここまでやってしまい

もう後戻りをすることができないのだからと

運動で鍛えてムチムチの足をがっしりと掴まえると

またしても娘のなかを弄ぶのです。

 

 

第4話あらすじ 私、お父さんとずっと一緒にいたいから

娘を散々犯してしまった主人公は

潔く警察に出頭しようと考えていたものの

娘に一緒に暮らして欲しいと言われ出頭するのを思い止まるのです。

 

次の日に娘の気持ちが変わるかもしれないと思い

出頭する覚悟は決めていました。

 

次の日、普通に登校した娘は帰宅すると

父の下半身を慰めてあげると言い出すのです。

 

突然の申し出に驚きを隠せない主人公だったものの

娘は父のものを握りしめてお父さんのずっと一緒にいたい

警察に行かないで欲しいと訴え

こっそりと警察に出頭しないためには昨日のことを許したことを理解してもらうため

そして自分のことを必要だと思ってもらうために

娘は父の下半身を気持ちよくしてあげる

ことにしたと告げるのです。

 

 

第5話あらすじ 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて

父を性的に満足することができたら

警察には行かないと考えた娘は

毎日父の性器を気持ちよくさせてあげていたものの

それだけでは飽きたらず犯されたままの感情でいたくないと

自分のなかに挿入して欲しいと娘は自ら願いするのです。

 

入れて欲しい、性行為がきもちいいのか知りたいという娘に

主人公はバックで挿入するのです。

 

お父さんが好きだからどこにも行って欲しくないと

父の行為を心から楽しむ娘は

すっかりと性行為の気持ち良さを知ってしまい

 

父に気持ちよくなってもらいたいし

自身ももっとやりたいと一度の射精では終わらせないと

父とやってみたかった体位で

二回戦をしようと持ちかけるのです。

 

 

第6話あらすじ 妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々

父との性行為を楽しむ余裕が出てきた娘は

すでに自ら父の体を求めるようになり

69すると約束したでしょうと自らのものを父の顔に押し付け

自ら父のものを貪るようにまでなっていたのです。

 

父に自分の存在価値をわかってもらうために始めた父へのご奉仕は

今では完全に自分の性欲を満たすための行為に発展してしまっており

父の性器を弄びながら翻弄するように煽るようになっていく娘は

 

すでに父の気持ちがよい場所も

自分の感じる場所も把握しており

 

その言動は日に日に大胆になっていくのです。

 

それは父も同じこと。

二人はますます大胆な行為へと発展していくのです。

 

\ 無料試し読みは画像をクリック /

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です