【三回戦目をおねだり】手塩にかけた娘が 8話無料ネタバレ解説

第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】

+ 新規カテゴリーを追加
8話目評価

話の展開: ★★★★☆ 
エロ度 : ★★★★☆ 
満足度 : ★★★★★ 
1話価格: 88円   

(作者:小桜クマネコ / チンジャオ娘)    

手塩にかけた娘が【8話あらすじ】

娘との2回戦は、側位で攻めはじめます。

騎乗位とも正常位とも異なる感覚に娘はもっとやってとおねだりをするのです。

娘はお腹に感じる体位にすっかりとはまってしまい、もっと父との性行為を楽しみたいと三回戦目に突入するのでした。

娘と父の秘密の関係は母親には内緒で繰り広げられていました。

 

最近の妻は家事に手を抜くようになり、料理も作らずにお弁当が夕飯です。

妻は夕飯中もずっとスマホを触っており、最近は友達と会うことも多くなっており、不審な行動をとるようになっていたのです。

味気ないスーパーのお弁当に無言の食卓。

娘はテレビに好きなアイドルが出て興奮していると、その横で妻が夫に

「ひさしぶりに一緒に寝ない?」と誘うのでした。

手塩にかけた娘が【8話ネタバレ】

コンドームを購入して避妊をと言い出した娘だったのですが

早く2回戦に突入したいため、ゴムなしで挿入してとおなだりするのです。

側位で激しく突かれると、お腹のなかまでジンジンとして更なる快感を知る娘。

父に突かれながら、自分も父を気持ちよくするために何かした方がいい?と問いかけるのでした。

父は親孝行だなと笑い、今度は父さんが動くよと更に腰を激しく動かします。

どのタイミングでイキたいかと娘に問いかけて、まだこのまま突いて欲しいと言われるものの、父の方は限界で達してしまうのです。

若い娘は三回戦目をおねだり

父は休ませてくれと言いながらも、性器は元気なのです。

久しぶりに妻に性行為を求められた父は、すでに四つん這いになっている妻に前戯なしで挿入するのです。

互いに無言のまま出し入れを繰り返しながら、父は娘との感触の違いなどを比べてしまうのでした。

探るような性行為が終わると、妻はすぐにスマホを手にし

これから友達と会うからと、もう夜も更けているのにも関わらず

出掛けてしまうのでした。

手塩にかけた娘が【8話感想】

娘の性への関心が強すぎることに驚きました。

お腹まで当たる初めての感触に驚きながらもきちんと感じて、更には父のことも感じさせてあげたいという思いが伝わる

互いのことを思いやりあった性行為に近親相姦などという背徳な感じは一切なく、愛し合っているカップルの行為そのものといった感じは見ていて心地よかったです。

 

お母さんは気がついていないのかな、出てこないのかなと思っていたところでの登場に波乱の予感がしますね。

妻に夜の営みを誘われているのを聞いてしまった時の娘の顔の切なさに

思わず断ってと願ってしまったのですが、やはり誘いに乗ってしまい

妻との行為中も娘のことを考えていることに複雑な気持ちになってしまいました。

 

妻も浮気をしているのか、それとも娘と夫の関係を疑っているのか

今後の展開がますます読めなくなり、早く続きを読みたくなります。

 

\ 無料試し読みは画像をクリック /


 

手塩にかけた娘2手塩にかけた娘2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です