【娘とAV鑑賞】手塩にかけた娘が 7話無料ネタバレ解説(最新話)

第7話 親子でAV鑑賞して父親チ○ポで娘の性教育

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】


7話目評価

話の展開: ★★★★☆ 
エロ度 : ★★★★★
満足度 : ★★★★☆ 
1話価格: 88円   

(作者:小桜クマネコ / チンジャオ娘)    

手塩にかけた娘が【7話あらすじ】

娘とAV動画を鑑賞することになった父は、一緒に人の性行為を見ることによって、客観的に性行為を捉えることができるようになると考えていたのです。

動画のなかのセクシー女優のハードなプレイに娘は興奮が抑えきれません。

初めは単なるAV鑑賞だったものの、父の下半身は娘の横で反応してしまうのでした。

それを見た娘は楽しそうに下半身に手を伸ばすのです。

娘はすでに父の体の虜になっており、性的欲求を満たすことで頭がいっぱい。

父との性行為を楽しむために自らコンドームを購入し、コンドームをつけて性行為を楽しもうと誘うのです。

手塩にかけた娘が【7話ネタバレ】

父との体の関係を幾度も重ね、1人でこっそりとAVを見ていたはずの娘も、一緒にAV鑑賞をするのはどことなく恥ずかしげにしながらも、3Pを繰り広げる動画に興奮状態。

父の股間が盛り上がったのを見ると

「男の人はえっちな気分になっているのが分かりやすいよね」

と、男女の体の作りの違いを感じるのでした。

 

娘は動画を観ながら性器をどのように握っていたのかを父で再現します。

男優さんもイクのを我慢するのが大変だろうなと言いながら、性器を刺激すると、あっという間に父は娘の手の中で達するのでした。

更に娘は授業でしっかり避妊して性行為楽しみなさいと言われたと、コンドームを準備し、父に装着するのです。

初めてのゴムの感触。動画みたいに動いたらいいのかなと胸を押さえながら動き、さっきの女優さんは激しくないのにどうして気持ち良さそうだったんだろうと投げ掛けると

父は娘の乳首を刺激し激しいだけが気持ちいいとは限らないと、敏感なところを刺激し、互いに絶頂を迎えるのでした。

手塩にかけた娘が【7話感想】

動画を観ながら手でシコシコとしているシーン、お父さん目線で描かれているため興奮が伝わってくるようでした。

「男の人は立つものがあるから」と興奮しているのが男性は分かりやすいよねと語りかけるところなどはまだ大人になりきれていない少女感があり

未成年と性行為をしているんだよなという背徳感を呼び戻されました。

娘の表情がコロコロと変わるのがとてもキュートで魅力的で、見ていてこちらもドキっとさせられます。

動画と同じ動きをして父を射精させることが出来たと無邪気に喜んでいたかと思えば、父にコンドームを装着しているときの顔は

これからこれが入るのかという興奮の妖艶さを醸し出していて

その表情に釘付けになってしまいました。

 

\ 無料試し読みは画像をクリック /

 


 

【三回戦目をおねだり】手塩にかけた娘が 8話無料ネタバレ解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です