【父出頭】手塩にかけた娘が 3話無料ネタバレ解説

第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】


3話目評価

話の展開: ★★★☆
エロ度 : ★★★★★
満足度 : ★★★★★ 
1話価格: 88円   

(作者:小桜クマネコ / チンジャオ娘)    

手塩にかけた娘が【3話あらすじ】

一度の射精では満足することができず

娘をうつ伏せにして更に執拗に出し入れを繰り返しながら

キツキツの娘のなかを堪能するのです。

 

主人公の腰の動きは血が繋がっていなかったことへの怒りが募るほどに激しくなっていき

娘の母親でもある妻のことを淫乱だったと罵りながら、

娘が敏感な場所を探しては、妻もここが好きなんだと発言泣きじゃくり

すでに抵抗することなくされるがままの状態になってしまった娘のなかに

何度も精子を注ぎ込むのです。

手塩にかけた娘が【3話ネタバレ】

娘のことを襲いながら、主人公は「向こうに言っても」と意味深な言葉もかけてくるのです。

犯されながらもその言葉を聞き漏らさなかったひなた。

 

散々娘に中出しをした主人公はようやく冷静さを取り戻し

妻と娘に手紙を書いて家を出るのです。

 

もう二度と戻ってこない、そう決心していたものの

さっきまで泣きじゃくっていたひなたがタオルを巻いて慌てて追いかけてきたのです。

 

ひなたは父が警察に自分のしたことを自白して出頭する気だと悟りそれを止めたのです。

ひなたは襲われたことは驚いたけれど

これからも家族でいたい

誰にも秘密にするからと約束してくれたのです。

手塩にかけた娘が【3話感想】

前話は娘の体をむさぼる父親感が出ていましたが

今回は大切にしていた娘と血が繋がっていなかったという悲痛な情感が伝わり

娘を襲うという卑劣な行為をしているにも関わらず

主人公に同情してしまいました。

 

父親の言葉に対してただただ泣きじゃくりながら行為を受け入れるしかない娘は

何となく父親の悲しみを理解したようにも見え

もしかしたら嫌がっている涙ではないのかもしれないとハッとさせられました。

 

警察に行くと覚悟を決めている主人公に、娘が慌てて追いかけてくるシーンは

血は繋がっていなくてもこれまでの強い絆があったからこそ許してくれたのかと

ちょっと感動してしまいました。

 

\ 無料試し読みは画像をクリック /

 

【秘密関係】手塩にかけた娘が 4話無料ネタバレ解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です