【女子レビュー】手塩にかけた娘が 2話無料ネタバレ解説

第2話 中に出したけど親子じゃないから問題ないよな

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】


2話目評価

話の展開: ★★★★
エロ度 : ★★★★★
満足度 : ★★★★
1話価格: 88円   

(作者:小桜クマネコ / チンジャオ娘)    

手塩にかけた娘が【2話あらすじ】

血の繋がりがないとわかった娘の胸をさんざん弄んだ主人公は

胸だけで満足できずその手は下半身へ。

下着を脱がせようとする父を必死に止めようとするひなただったのですが

父親は昔は脱がせてたと笑いながら止める気配はありません。

 

赤ちゃんの時に見たひなたの秘部はすでに毛も生えて大人の女性になっており

主人公はそっとひなたの秘部に指を入れ

敏感なひなたの秘部をトロトロにしていき

初めて聞く女の声に主人公の下半身もパンパンになり

とうとう我慢することができなくなってしまうのです。

手塩にかけた娘が【2話ネタバレ】

ひなたを指で解し、挿入の準備を万端にした主人公は

娘の官能的な姿見みて大きくなったものを挿入すると宣言し

それを聞いたひなたはより激しく抵抗するものの

力で父に勝てるはずもなく軽々と足を握られて挿入され

処女を奪われてしまいます。

 

初めて入ってくる異物の感触にひなたは痛い

痛いと何度も訴えながら止めてと悲願し泣き出してしまうものの

主人公はそんなひなたにはお構い無し。

 

誰でも初めては痛いのだと言い放ち

腰を振り続けて娘のなかに射精までしてしまうのです。

これで終わることなく

主人公はひなたに後ろを向くようにと指示するのでした。

手塩にかけた娘が【2話感想】

小さい頃のことを引き合いに出しながら

娘を襲う姿は近親相姦ならではのプレイで圧巻でした。

 

小さい頃は下着を脱がせてあげたとか

昔は指すら入らなかったのに今は大人の物を入れられるとか卑猥すぎる言葉攻めと

娘の反応がリアルすぎて

近親相姦ってこんな風に行われているのかもとゾッとしながらも

主人公の挿入したときの感触の表現の仕方などはとても上手くて

どんな感触なのかこちらにも伝わってくるようでした。

 

娘の嫌がり方や痛がり方がお父さんとのこれまでの良い関係性が感じられるような訴え方で

主人公の気持ちよさと娘の痛みと父に襲われたという

複雑な心境もひしひしと伝わってきます。

 

\ 無料試し読みは画像をクリック /

 

【父出頭】手塩にかけた娘が 3話無料ネタバレ解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です