【10話ネタバレ】手塩にかけた娘が 10話無料ネタバレ解説

第10話 「幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】


10話目評価

話の展開: ★★★★★ 
エロ度 : ★★★★★
満足度 : ★★★★★ 
1話価格: 88円   

(作者:小桜クマネコ / チンジャオ娘)    

手塩にかけた娘が【10話あらすじ】

血の繋がりがない娘との秘密の関係を続けている主人公。

妻は相変わらず家事に手を抜いており、今日もまた買ってきたお弁当が食卓に並ぶのです。

お弁当を温めている妻のそばで娘はテーブルの下で父の下半身を弄び、バレるかバレないかというギリギリのスリルを楽しむのでした。

 

母親に対しての敵対心を抱いている娘は、母親が夜遊びをしていようが関係ありません。

偶然男性と一緒にいる母を見かけ

驚くことを告げられるのですが娘はチャンスとばかりに父との秘密の関係を更に濃密なものにしていき

父娘ならではのプレイを持ちかけて楽しむのです。

手塩にかけた娘が【10話ネタバレ】

最近外出が多い妻に不満気な主人公だったものの、娘は父を独り占めに出来るため嬉しそうにし

お弁当を温めている母が近くにいるのに、テーブルの下で父の性器を握りしめ、刺激し始めるのです。

父はバレる、イクと慌てながらも娘のテクニックには敵いません。

どうにかバレずに射精させることが出来たのです。

 

一方母親は近所に引っ越してきた人の手伝いをすると言いながらも

実は元カレで娘の本当の父親である男とこっそり会っていたのです。

 

男に貢いでいる様子の母。

母は娘の父親がこのゲスい男であることを知っていたのです。

 

2人はホテルへと消えていき、母はますます夜帰宅することがなくなっていくため父娘は二人きりの時間を楽しむことができ

娘はベビーベッドを取りだしてそこでプレイをせがみ始めます。

 

ちゃっかりとオムツも着け、赤ちゃんの頃の写真を準備しベビーベッドで

父のものを受け入れる娘。

娘はすっかりと父に甘えて赤ちゃんプレイにはまってしまうのでした。

手塩にかけた娘が【10話感想】

妻がまさか娘の本当の父親と繋がっていたなんてことに驚きました。

本当ならショックなことなのに、娘は父との行為を楽しめるとばかりに嬉しそうする姿を見るとやはり父が大好きなんだなということがわかります。

赤ちゃんの時に使っていたベビーベッドでのプレイはとても過激ですね。

オムツをはいて脱がせてもらうことから始めるという徹底ぶりにゾクッとさせられます。

 

ベビーベッドに無理やり体を入れて父のものを受け入れる娘の姿は変態的なプレイなのでしょうが

父娘ならではの性行為の楽しみ方でこんな楽しみかたもあるのかと驚かされました。

お尻吹きで拭いてと甘えてオムツもはめてもらう娘が本当にエロかわいいです。

\ 無料試し読みは画像をクリック /

 

 

【結末まとめ】手塩にかけた娘が 11話無料ネタバレ解説(最終話)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です