【DNA不一致】手塩にかけた娘が 1話無料ネタバレ解説

第1話 娘がただのメスになった日

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】


1話目評価

話の展開: ★★★★
エロ度 : ★★★★★
満足度 : ★★★★★
1話価格: 88円   

(作者:小桜クマネコ / チンジャオ娘)    

手塩にかけた娘が【1話あらすじ】

会社でも冴えない存在の主人公が唯一みんなに自慢することができることと言ったら

娘のひなたが芸能界からお声がかかるほど容姿端麗であるということ。

しかしその娘のことで悩んでもいたのです。それは、自分とは全く似ていないこと。

無邪気に自分に懐いてくる娘。

 

妻とも良好な関係を築いていものの、出会った当初は男性遊びも盛んだったため

自分の娘ではない可能性も否めないと思い始めるのです。

手塩にかけた娘が【1話ネタバレ】

娘との血の繋がりを疑った妻と娘には内緒でDNA鑑定をした結果

娘と血の繋がりが0であることがわかり

赤の他人の子供を育てていたことに落胆しているところに

部活を終えた娘は帰ってきます。

 

今日は妻が旅行で不在。

部活で流した汗の匂いをムンムンさせながら夕飯を作ると張り切るひなたの体はすっかり大人に成長しており

赤の他人なら襲ってもいいはずだと

やけ酒していた勢いもあり、ソファーに押し倒して

卑劣な言葉を投げ掛けながら巨乳ではち切れんばかりの制服を強引にはだけさせ

ひなたの胸を堪能し始めるのです。

手塩にかけた娘が【1話感想】

かわいい娘が自分との血の繋がりがなかったというショックを

性欲で満たそうとする主人公の考えには驚きで

ソファーに押し倒しされて父親に血が繋がっていないという

爆弾発言をされながら襲われる少女の気持ちを考えると複雑です。

 

必死の抵抗も虚しく、ソファーの上で身動きとれずに胸を露にされ

父親に胸を執拗に舐められて赤面しながらお父さんと目を合わさないためか

必死に目を閉じて横を向いている描写が

父親に突如襲われる娘の臨場感を醸し出してくれて次の展開がどうなるのか

不謹慎ながらもワクワクさせられました。

 

\ 無料試し読みは画像をクリック /

 

【女子レビュー】手塩にかけた娘が 2話無料ネタバレ解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です