【全話ネタバレ解説】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

1話から6話までのネタバレ解説

 

>> 全話読んだ評価 <<

話の展開: ★★★★
エロ度 : ★★★★★
満足度 : ★★★★★ 
1話価格: 88円   

購入した書籍サイト:ブッコミ

(作者:小桜クマネコ / チンジャオ娘)    

 

アイドル級に可愛い愛娘ひなたと・・・

 

 

必見!!全話あらすじ、感想まとめ

【全話あらすじまとめ】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【全話感想まとめ】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

第1話 ネタバレ解説 手塩にかけた娘が

DNA鑑定が送られてくる日

妻は旅行で留守。

 

主人公は有給休暇をとり

結果を一人でこっそりと確認するのですが

結果は血の繋がりのある可能性がゼロ。

 

予想していたものの

これまで手塩にかけていた娘が赤の他人であることを知り

ショックのあまりやけ酒をするのです。

 

そんなこととは知らない娘が帰宅すると

主人公は汗の匂いを醸し出している娘をマジマジと見て

女性らしく発育した体にムラムラとしてしまうのです。

 

そして、血の繋がりがないなら体の関係を持ってもいいだろうと考えて

ソファに押し倒して襲いかかりながら本当の父ではないことを告げ

制服を強引に脱がせて大きく育った胸をさらけ出し

誰かに吸われる前にと

娘の胸の敏感な部分を口に含み弄び始めるのです。

 

 

第2話 ネタバレ解説 手塩にかけた娘が

自分の指で感じ

性器をトロトロにしている娘をみた

主人公の勢いが止まるはずもなく

逃げないように足を押さえたまま

主人公はごそごそと自分のものを出し始めるのです。

 

父親に挿入されると知った娘は

父に訴えかけてやめるように諭すのですが

構わず挿入すると、娘はまだ全て入りきっていない状態で

「痛い!痛い!」と暴れだすのですが

主人公は抜く意思はありません。

 

「痛いのお父さん!」

と必死に訴えるものの主人公は冷静に返し

泣きじゃくり痛いと繰り返す娘に出し入れを繰り返すと

主人公は娘の締め付けに我慢できず

そのまま中で絶頂に達してしまうのですが

血が繋がってないから近親相姦じゃないなと

開き直るのです。

 

 

第3話 ネタバレ解説 手塩にかけた娘が

挿入しながら娘の敏感な部分を弄ぶと

娘はこれまで以上にビクビクと反応をし

「お前の母さんもここが好きなんだ」

と性感帯が遺伝するんだなと煽るような言葉を発しながら

激しく娘を犯し

三度目の射精も娘のなかで行うのです。

 

もはや抵抗することもなくなった娘はそのまま泣きじゃくり

それを見てようやく主人公は冷静になるのでした。

 

しかし、主人公はこれからどうするべきなのか

すでに覚悟を決めており、行くべきところ

つまり警察に出頭をと考えていました。

 

妻と血の繋がりがなく襲ってしまった娘に

別れの手紙を書いて家を出るのですが

娘はタオルを体に巻き付けて慌てて出てくると

警察に行くことを察しており

「怒ってないから、なかったことにするから一緒に暮らそう」

と語りかけるのでした。

 

 

第4話 ネタバレ解説 手塩にかけた娘が

娘は授業中に大人の動画をみていたことを告げ

性器にキスをしていたと動画の真似を始めます。

 

「気持ちいい?」

と父の反応を気にしながら

手と口で性器を刺激していく娘。

 

主人公は我慢できずに射精してしまうのです。

それを見て、娘は嬉しそうにし

「おうちにいるときはずっとやってあげる」

と約束をするのです。

 

その行為は旅行中の妻が帰宅しても続き

娘のテクニックは日に日に上達していくのです。

 

手と口だけでは飽きたらず

胸でも性器を擦れることを友達に聞いたという娘は

自分の胸で擦ってみたいと提案し

大きな胸を披露すると主人公はその胸の大きさを堪能させ

胸で性器を挟みエッチなビデオみたいにと一生懸命擦り始めると

すぐに絶頂に達してしまうのでした。

 

自分の胸で父をイカせることができたことに無邪気に喜び

家にいてくれるなら毎日やってあげると

自分の存在価値をアピールする娘だったのです。

 

 

第5話 ネタバレ解説 手塩にかけた娘が

自ら挿入して欲しい

と願った娘に主人公は今度は恐る恐る挿入し

喘ぎ声を出させるのです。

 

それを聞いた主人公かわいいと褒めると

娘は可愛がってくれていたことを知り頬を赤くするのです。

 

大人になった証しに大人のキスをとねだり

父のものを受け止める娘は

その気持ちよさにまたして頬を赤らめるのです。

 

バックで絶頂に達した父にやってみたいことがあると告げ

仰向きになっている父に股がり

騎乗位を試したい

この体位なら疲れていても勝手に絶頂を迎えられると告げると

ゆっくりと父のものを迎え入れるのです。

 

すんなりと入っていくことに驚きながらも

自分で出し入れする感覚に心地よさを覚え

気持ちいいところを見つけたと

大胆に喘ぎ声をあげながら出し入れを繰り返し

父の熱いものをお腹のなかで受け止めるのです。

 

 

第6話 ネタバレ解説 手塩にかけた娘が

69をしようと約束していた二人は

貪るように互いの性器を刺激するものの

その行為の主導権を握っているのは娘。

 

父のものをお口でご奉仕すると

父は気持ちよさで思わず声をあげるものの

娘は「早く私のも舐めてよ」と急かすのです。

 

娘は意地悪な口調で

この性器を母にも入れて中に出したんだよね

どんな気持ちと聞いてきたり困らせるような言葉を

投げ掛けて楽しむのでした。

 

それでも自分のテクニックで

絶頂に達してくれる父を見ると、嬉しそうにし

どこが気持ちいいのか分かるんだと自信満々に語るのです。

 

主人公は妻がそばに寝ているのにも関わらず

娘との性行為を楽しむようになっており

娘は母の横で騎乗位になり

声を出してはいけないと言われつつも

思わず喘ぎ声を出してしまうのです。

 

主人公はお仕置きだと言いながら

バックで激しく突くと

娘はその激しさに

ますます声を我慢することなんて出来なくなるのでした。

 

\ 無料試し読みは画像をクリック /

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です