30秒魅力解説!チンジャオ娘「日に焼けるまで」漫画レビュー

 

今までの人生で、初めて隠れながら読んだ漫画ってなんですか?

「秘密」って聞くと、隠れなきゃいけないという意識に駆られて

まるで人生が終わるかもしれないような感覚に襲われたことはありませんか?

 

10代の時に感じたその背徳感を

大人になってから同じように感じることって

どうしてなくなるんでしょうか?

大事なことはいつも隠しています。

 

じっと静かに、誰にも見られないところで、読んでください。

必ず約束してください、この作品自体が「背徳感」の象徴であることが

あなたにとって魅力なのか、罪の現れかはあなた次第です。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

★あらすじ解説★

とある田舎町、四人の少年少女がすごす夏の日々。

歓迎する親戚と大好きな姉。

 

でもそのあとで悟ったのは、若き日の

”性への目覚め”。

 

初めて見たお姉ちゃんが”イってる”声。

すごくエロく聞こえた。

大人になる練習ってなに?

 

隠された遊戯ってどういう意味?

性のことなんて何にも知らなくて

まだあどけない

 

田舎で育った彼ら影響を受けて

従姉弟との性行為の”練習”をやってしまうに至ったのは

仕方がなかったことなの?

これは弟の前で処女を失った姉の物語。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

完読した感想

本作品の完読に伴い思い出した作品は

あかつきみゅうとの少女×少女×少女と、ひぐらしのなく頃にでした。

 

現代の日本にはなかなか見られない

田舎独特の社会とノスタルジー。

 

現代っ子にそれを思い出させてくれるのは

漫画や文学作品ではないでしょうか。

 

田舎で起こる静かな事件とそれを連想させる”秘密”というキーワード。

 

目が離せない本能に語りかける断面と衝動に負けず劣らず訴えかけるビジュアルの”エロさ”。

 

ストーリービジュアル両方に大満足した作品って

そんなにないのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です