日に焼けるまで(チンジャオ娘)6話あらすじ感想

 

1. 「日に焼けるまで 6話」のあらすじ紹介

姉のことを異性として意識している主人公のヒロトは

従弟に乱暴にバックで出し入れされている姉

のことを心配もしています。

 

セックスである勝負をしていたヒロトとタケル。

4人は神社である程度セックスを楽しむと

親たちには虫取に出掛けると出てきた手前

手ぶらでは何をしていたのか怪しまれると

仕方なく昆虫採集を始めることに。

 

ヒロトが虫探しをしていると

ある光景を目の当たりにしてしまうのでした・・・

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

親たちに内緒の関係は続きますが

帰省中のヒロトと姉の涼音が帰る日は刻一刻と迫っています。

 

子供っぽいと言っていた河原での遊びも

4人揃うと楽しむことができたのです。

 

ひと夏の思い出を作っていき

河原で童心に戻って遊んだ4人だったのです。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

 

2. 「日に焼けるまで 6話」のネタバレ感想

虫取に行ったのに、虫なしで帰ったら疑われると

感じた4人が虫取を始めるのですが

タケルはこっそり姉にフェラをさせて楽しんでいます。

 

発見したヒロトは遠くから二人の様子を見るのですが

乱暴に口腔内を犯しているタケルに苛立ちを感じながらも

止めに入ることはできません。

 

口腔射精をしただけではなく

余すことなく飲み込ませた姉にショックを受ける弟。

もう姉への思いが高まっているように

見えて仕方ありません。

 

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

姉弟が帰省する日が近づき

セックスではなく河原で童心に戻りはしゃぐ4人。

 

しかし、休憩をしようとなると

水に濡れて透けた二人の肌に釘付けとなり

またしてもセックスの予感がします。

 

しかし、プレイが始まるか?

というところで6巻は終わってしまいました。

次はいよいよ姉とやってしまうのでしょうか?

期待しています。

 

▷まとめ記事へ日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~漫画完全解説

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です