日に焼けるまで とは?あらすじとレビュー解説



おねショタと言うかショタおねの寝取られもので

全てのシーンで主人公の隣で姉と従弟がセックスをする

と言うシチュエーション

 

かつ毎回ヒロトが姉を抱くタケルに嫉妬するモノローグがしっかり入って

丁寧に寝取られ感を描写しています。

2組のショタおねと、良質な姉寝取られ物を同時に楽しめるのが魅力です。

 

作品のあらすじ紹介!

帰省した父方の実家で主人公のヒロトと涼音の姉弟を待っていたのは

3年ぶりに会う性に興味津々な従姉弟だった。

暇を持て余した4人はせっかく姉弟以外の相手がいるからと、性的な触れ合いを始め

4人で雑魚寝することになったその夜に、ヒロトの隣で涼音を従弟のタケルが襲い

それにあてられたヒロトと従姉の愛実も体を重ねる。

 

 

それからは大人の目のつかない場所で

お互いの従姉弟とのセックスに耽る帰省生活が始まった。

お互いの従姉弟と、他の相手とはセックスしないと約束したものの

セックスの快感が忘れられず肉体関係になり、来年の帰省に思いをはせるのだった。

 

日に焼けるまでを読んでみて

個人的に良かったと思う点としては、やはり涼音の態度の変化です。

最初は触るのも触られるのも嫌がっていたものの

一度抱かれてからはどんどんと反応が良く、命令に従順になっていき

最後には普通にセックスを受け入れるどころか

帰省から帰ったら弟を誘惑するほどセックスの虜になっている

と言うのが非常に興奮しました。

 

絵のタッチは最近のCG集やデジタルコミックとしてはやや荒い感じですが

それが少年少女の夏休みと言うシチュエーションともマッチしています。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です