日に焼けるまで(チンジャオ娘)5話あらすじ感想

 

1. 「日に焼けるまで」5話あらすじまとめ

都会の姉と弟、涼音とヒロト。田舎に住んでいる愛美とタケル。

両親の外出、そして留守番が合図となり、そこから激しい行為が繰り広げられます。

愛美はヒロトとタケルは涼音とこの組み合わせです。

 

縁側で四人はあられもない姿で急いでことにあたる。

涼音の姉の姿をみながらの愛美にしてもらったり。

そして姉の姿にヒロトのあそこは・・・

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

それを見た愛美はだめだよと言うが。

姉のことを見ていて嫉妬をするところもあるヒロトもいた。

タケルは涼音の感じ方が素直でないので

言わせてやりたいというくらいで

激しく涼音のものにしつこくするのでした。

 

でも我慢しきれず声や言葉がもれてくる。

きもち、、いい。

と漏れ出す言葉が涼音の感じているものが凄い熱い。

ヒロトはそれを見て、、。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

 

2. 「日に焼けるまで」5話ネタバレ感想

四人で親がいなくなったら一度すると

もうとめどなくしたくなるのが若いうちのことです。

 

だから相手がいるとそこでエッチが凄まじく始まる。

涼音の体に虜になってしまって素直じゃない涼音を快感させたいために

タケルはどんどん腰をふってしまう。

 

そこで我慢できなくなって言葉を発してしまう涼音。

親もまさかこんなことして留守番していると思わないはずです。

 

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

夏の暑さが四人の心を燃え上がらせるのか性の興味はとどまることがないです。

そんなエッチに目覚めた姉を見ていて興奮しながら

でも嫉妬もありで複雑だが興奮してしまうヒロトが面白いです。

 

愛美は安定のエロです。

エッチにはまってしまったこの四人の性への目覚めの行動が

これからも気になります。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です