チンジャオ娘「日に焼けるまで」美しい姉が犯されている光景を見た弟は・・・

 

「日に焼けるまで」の魅力としては

「少年少女の甘酸っぱさが上手く表現できている」ところです。

 

思春期の年頃の設定なのに、読んでいる側が「いけないこと」を

している気にさせられるのは

さすが「チンジャオ娘さんの作品だな」と感嘆しました。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

漫画内容紹介

夏休みに、数年ぶりの親の田舎へやって来た都会暮らしの姉弟。

そこで久しぶりに再開したのが、田舎で暮らす同年代の従姉弟たち。

 

子どもの頃は、日が焼けるまで遊び回っていた4人だけど

今や思春期を迎えた彼らら別のことを考えていた。

 

性に無知で無邪気に暮らす田舎育ちのふたりに流されて

それぞれの従姉弟と性行為の練習をすることになってしまいました。

 

初めは悪ふざけでしていましたが

思春期の年頃の男女がそれだけで終わるはずがなく、、、

姉は、弟の目の前で処女を奪われてしまいます。

 

美しい姉が犯されている光景を見た弟は

代わりの従姉の日の焼けた身体を貪っていき

何度も身体を重ねあいます。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

感想レビュー

「日に焼けるまで」は、チンジャオ娘さんの作品ということで

どれだけエロい作品になっているのか楽しみで読んでいました。

 

しかし、今までチンジャオ娘さんになかったキャラの設定やストーリー設定だったので

とても新鮮に読ませてもらいました。

少年少女の甘酸っぱい思春期の経験を上手く表現できている作品です。

 

ストーリーの設定としては、田舎の少年少女が初体験するという内容になっているので

決して珍しいものではないのですが、絵のタッチに引き込まれます。

 

色白の都会の姉と色黒の田舎の従姉が犯されている姿を対照的に見れたのには

とても興奮しました。

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です